リンク不動産株式会社 > リンク不動産 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却を周囲に知られず進めることはできる?方法や注意点とは?

不動産売却を周囲に知られず進めることはできる?方法や注意点とは?

≪ 前へ|住み替え相談   記事一覧   店舗の縦看板新しくしました|次へ ≫

不動産売却を周囲に知られず進めることはできる?方法や注意点とは?

不動産の売却を考えているけれど、周囲の人に売却活動を知られたくないと悩む方もいますよね。
不動産売却にもいくつかの方法があるため、できるだけ周囲に知られないように売却活動を進めることもできます。
しかしその場合には知っておきたい注意点があるのも事実です。
今回は周囲に知られないよう不動産売却を進める方法と注意点をまとめていきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

周囲に知られずに不動産売却をする方法!買取と仲介の違いとは

不動産売却の方法には、買取と仲介の二種類があります。
買取の方法は、不動産会社に直接不動産を売却する方法で、仲介は不動産会社を仲介役にして買主となる人を見つける方法です。
大まかにいえば買主が不動産会社になるか、個人になるかの違いとなっています。
買取の方法では、依頼した不動産会社が直接買い取ることになりますので、売却活動の必要なく不動産を売却することができます。
周囲に知られることなく売却ができますが、買取は不動産会社へ直接売却することになるため、相場の7割ほどの価格になってしまうデメリットがあります。
仲介は買取と違って、相場価格で売却もしやすく、買主との交渉次第では売却価格も上げることができるため、できるだけ高く売りたい時には仲介の方法を選んでみるのがおすすめです。
ただ、仲介はより買主を見つけやすくために売却する不動産の情報をインターネットなどで公開するため、誰にも知られないように売却したいという要望に応えるのはやや難しいかもしれません。

不動産売却を知られずに売却活動を進めるための注意点について

相場価格で不動産を売却したい場合は、どうしても仲介での方法を取ることが多くなります。
しかし仲介の方法を取った場合、広告やインターネットで情報を発信して積極的に売却活動を行うため、購入希望者だけでなく知られたくない人にも見つかりやすくなるところがネックですよね。
できるだけ広告をせずに売却活動をすることもできますが、そうすると不動産の情報を多くの人に見てもらうことができなくなるため、売却活動が長引いてしまう可能性が出てきてしまいます。
売却期間の長期化も周囲に売却のことを知られる可能性を高めてしまうため悩ましいところです。
売却活動をしないけれども早く買手が現れてほしい場合、どうしても妥協しなければならない点といえば、やはり残念ながら価格です。
内緒で不動産売却を済ませたい場合は、買取か仲介のどちらを選ぶにしても価格については少し安くなってしまう可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

まとめ

不動産を売却する際、周囲の人には売却活動していることを知られたくないという方もいます。
そうした時には、不動産会社による買取で売却を済ませることも可能です。
周囲に知られずに進めたい不動産売却はどうしても売却価格が安くなってしまいやすいという注意点があります。福岡市西区・糸島市の不動産売却は弊社へご相談ください。
リンク不動産本店では福岡市西区・糸島市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
売却のサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住み替え相談   記事一覧   店舗の縦看板新しくしました|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る