リンク不動産株式会社 > リンク不動産 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 【不動産売却】庭木はどうする?処分の仕方や費用を解説

【不動産売却】庭木はどうする?処分の仕方や費用を解説

≪ 前へ|狭小地の不動産は売却しづらい?売れにくい理由や上手に売却する方法とは   記事一覧   平屋は実際のところ売却しにくい!?その理由やメリットデメリットとは?|次へ ≫

【不動産売却】庭木はどうする?処分の仕方や費用を解説

カテゴリ:売買

【不動産売却】庭木はどうする?処分の仕方や費用を解説

不動産を売却するときには、庭木をどうするか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?
長い間手をかけてきたお庭であれば、引き継いでもらいたいと思うかもしれません。
処分するにしても、やり方や費用などが気になりますよね。
そこで、不動産売却時の庭木はどうするべきなのか、また処分方法などを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

庭木は処分したほうがいい?

不動産を売却するときに庭木を処分するかどうかは、売主さんが決めることができます。
ですが、庭木のある状態で売りに出す場合は、トラブルを防ぐためにも庭木の扱いについて「買い主が引き継ぐ」のか「撤去する」(費用負担は誰か)のかを契約書に明記したほうがいいでしょう。
もちろん事前に庭木を処分してから、売りに出すこともできます。
庭木はないほうが売れやすく、その理由として、

●木がないと日当たりがいい
●木がないと風通しがよくなる
●木につく虫がいなくなる
●手入れをしなくてもいい
●木のないフラットな敷地がほしい…など


庭でお子さんと遊んだり、ガーデンセットを置いたりするには都合がいいのかもしれません。
買い主が物件を見学するときには、キレイに整えられた庭があると印象が良いので、早く売るためには売却前に庭木の処分や、庭木を残す場合でも雑草の手入れなどしておくといいでしょう。

庭木の処分方法

庭木の処分は専門の造園業者や植木屋、便利屋などに依頼することをおすすめします。
自分で木を切ったり抜いたりするだけでも大変ですし、根の状態によっては建物にダメージが出ることも考えられるからです。
トラブルにもつながりやすく、自分でおこなうのはおすすめできません。
では専門の業者さんに頼んだ場合費用はどうなるのでしょうか?
業者や作業内容によって変わりますが、料金を決める要素としては

●幹の太さ
●木の高さ
●枝の量


などから決まり、それぞれ太く、高く、多いほど料金は上がっていきます。
また、伐採(根元から切る)なのか、伐根(根から抜く)なのかによっても違い、伐根のほうが料金は高くなります。
目安として高さ5mの木を伐根し処分すると1本4万~5万円位ですが、庭や木の状態で変動しますので、正確な費用は見積もりを取らないとわかりません。
何社か相談して納得できるところに依頼することをおすすめします。

まとめ

不動産売却時には、手をかけた庭木でも、残念ながら買い主にとっては不要な場合も。
売却前に処分を検討してみる必要があるかも知れません。
庭木を処分する場合は、専門の業者さんに依頼すると安心ですね!
リンク不動産本店では福岡市西区・糸島市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
売却のサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|狭小地の不動産は売却しづらい?売れにくい理由や上手に売却する方法とは   記事一覧   平屋は実際のところ売却しにくい!?その理由やメリットデメリットとは?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2020-09-15

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    リンク不動産 株式会社 本店
    • 〒819-0366
    • 福岡県福岡市西区横浜3-9-11
    • TEL/092-836-8703
    • FAX/092-836-8704
    • 福岡県知事 (1) 第019105号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る