リンク不動産株式会社 > リンク不動産 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の購入を検討するときに知っておきたいフラット35の特徴とは?

不動産の購入を検討するときに知っておきたいフラット35の特徴とは?

≪ 前へ|不動産売却を成功させたいなら買主が知りたい情報を提供しよう!   記事一覧   マイホームにおける長期優良住宅とは?認定基準やメリットを解説!|次へ ≫

不動産の購入を検討するときに知っておきたいフラット35の特徴とは?

不動産を購入する際、一括で購入する方は比較的少なく、住宅ローンを組んで購入する方がほとんどです。
しかし、住宅ローンといっても種類がいくつかあり、あまり馴染みがなく不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は不動産の購入を検討している方に向けて、住宅ローンの1つ、フラット35の特徴やメリット・デメリット、注意すべきポイントについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入するときに使う住宅ローンのフラット35とは

フラット35は不動産購入時に利用する住宅ローンの1つですが、一般の住宅ローンは民間の金融機関が取り扱っているのに対して、フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して融資をおこないます。
融資金額は100万円~8,000万円以下の範囲で受けることが可能で、住宅の購入であれば新築・中古にかかわらず利用できます。
また、条件を満たせばリフォームや増改築でも利用可能です。
最長返済期間は35年であり、金利が途中で変動することもありません。

不動産購入の前に知っておきたいフラット35のメリットと注意点とは

フラット35は全期間固定金利型であり、毎月の返済額が決まっているため、簡単に資金計画やライフプランを立てられます。
一般の住宅ローンのように年収や勤続年数、雇用形態などは問われないため、自営業や個人事業主の方でも利用しやすく、比較的審査がとおりやすいのもポイントです。
一般の住宅ローンと違って保証人や保証料が必要なく、手数料などの諸費用が返済期間中にかからないのもメリットといえます。
ただし、同じ条件下で変動金利の住宅ローンとフラット35の金利を比較すると、フラット35のほうが少々高めに設定されている点には注意が必要です。
また、フラット35は金融機関によって金利や事務手数料が異なるので、いくつかの金融機関を比較したうえで利用すると良いでしょう。

不動産購入時にフラット35の審査に落ちないポイントとは

フラット35では、過去にカードや税金などの支払いを延滞していたり、フラット35以外にもローンを組んでいたりすると、審査にとおりづらいといわれています。
金融機関としてはしっかり返済してくる方に対して融資をおこないたいので、返済が滞るリスクのある方は、返済遅延や未払いといった信用情報を入念にチェックします。
こういったことがないように、日ごろから支払うものは期限内に支払っておき、ほかのローンは早めに返済しておきましょう。

まとめ

フラット35は、返済のプランを立てやすいことから、多くの方にとって利用しやすい住宅ローンといわれています。
しかし、今回ご紹介した注意すべきポイント以外にも、住宅の面積や適合する基準など、多くの条件が設けられているため、フラット35の利用を検討している方は一度調べてみてはいかがでしょうか。
リンク不動産本店では福岡市西区・糸島市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
売却のサポートもおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却を成功させたいなら買主が知りたい情報を提供しよう!   記事一覧   マイホームにおける長期優良住宅とは?認定基準やメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る