リンク不動産株式会社 > リンク不動産 株式会社 本店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却にかかる期間についてわかりやすく解説

不動産売却にかかる期間についてわかりやすく解説

≪ 前へ|築浅の家を売却するときに押さえておきたいポイントと注意点   記事一覧   離婚時に家の名義をどうするかとその対処方法|次へ ≫
カテゴリ:売買

不動産売却にかかる期間についてわかりやすく解説

転勤やさまざまな事情から家を売ることを考えているが、どのくらい時間がかかるのか、上手に売るコツはあるのかなど疑問に思う人も多いでしょう。
準備にかかる時間や、どうすれば家を上手に売れるかについてまとめました。
各ポイントを把握して、時間に余裕をもって行動しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にかかる平均期間は?期間に影響を与える要因を解説

売却に向けた活動を開始してから、売却が完了するまでにかかる平均期間は、2か月から6か月程度です。
ただし、あくまでも平均期間のため、条件や時期が変わると売却にかかる時間も違ってきます。
タイミングも影響するため、売り始めたらすぐに売れたというケースもあるでしょうし、逆に6か月以上かかるというケースもあるでしょう。
期間に影響を与えるポイントはいくつかありますが、エリアや価格に加えて時期も売却までの期間を左右します。
ちなみに、時間を短縮する方法には、不動産会社との契約を見直し、取引が活発になる転勤などの時期を狙うことが大切になります。

不動産売却を上手に行う方法は?各準備にかかる期間も解説

売却の流れとしては、相場を調べたのちに買い手を探し、買い手が見つかったら価格交渉して契約という形が一般的です。
各準備にかかる期間としては、まず不動産会社の選択・決定したのち、契約を結ぶところまで1週間から3週間かかります。
物件を売り始めてから、買い手が見つかるまで1か月から3か月、ここにかかる時間は、条件や時期も影響するので注意が必要です。
買い手との契約に1週間から2週間程度かかり、契約後の決済まで1か月程度、そして買い手側がローンを申し込み、審査にも1か月程かかります。
そして物件を買い手に引き渡すのには、早くて数日、長ければこれも数週間の時間がかかります。
ここまでは各準備にかかるおおよその時間について解説しましたが、次は家を上手に売るにあたってのポイント解説です。
不動産会社を選ぶコツとしては、自分が売りたいと考えている物件の取り扱いが得意な会社に依頼しましょう。
信頼できる不動産会社がいる場合は、そちらに依頼するのもよいでしょう。
売れやすい家にはいくつか条件がありますが、ポイントは自分の家を買い手目線で見たときに、購入したいと思えることが重要です。
ただし、購入の際にどういった点を重要視するかは、人によって異なりますので不動産会社に見てもらい、良い点を見つけてもらうのも重要になります。
また、ポイントとしては相場を知ること、家の魅力をアピールすることがとても大切です。
印象良く見せるためには、不用品の処分や整理整頓、隅々まで清掃しましょう。
また、場合によってはリフォームしてから売りに出すことで有効に働くケースもあるため、不動産会社に適宜相談することも大切です。

まとめ

不動産売却にかかる平均期間と、高い値段で上手に売る方法について解説しました。
完全に売却を終えるまでに6か月程と、かなりの時間がかかるので、余裕をもって計画的に準備を進める必要があります。
また、少しでも高い値段で、早く売るために家の整理整頓や、会社への相談なども有効な手段なのでぜひ参考にしてみてください。
リンク不動産本店では福岡市西区・糸島市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
売却のサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|築浅の家を売却するときに押さえておきたいポイントと注意点   記事一覧   離婚時に家の名義をどうするかとその対処方法|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る